あなたのインコをより深く知るために。

INKOLOGY インコロジー

用語

ダイリュートとはどんな意味?

投稿日:

ホオミドリウロコインコの説明に

ダイリュート

という単語が見られますが、一体どんな意味なのでしょうか?

ダイリュートで調べてみると、ホオミドリウロコインコだけではなく、猫の説明でもダイリュートという言葉が使われていることが分りました。

ダイリュートキャリコ

まったく分かりません。キャリコ?ますます??

そこでダイリュートについて調べてみました。

ダイリュートは英語の単語。

綴りは

Dilute

意味は、

(液体など)を薄める・希釈する

という意味です。

この単語の名詞は、

Dilution(発音:dɑɪlúːʃən)

になります。

ホオミドリウロコインコにおけるダイリュートの意味

ダイリュートとは、英語のDiluteが元で、「(液体など)を薄める・希釈する」という意味だと分かりましたが、これがホオミドリウロコインコについて使われる場合はどんな意味があるかと言えば、これが発現した子は色が薄くなります。

ホオミドリウロコインコのダイリュートは

常染色体劣性遺伝

なので、両親からそれぞれこの遺伝子を受け継いだ場合にのみ発現します。

ホオミドリウロコインコで言えば、

  • ノーマル
  • ワキコガネ
  • シナモン
  • パイナップル

などの色変わりがありますが、これにダイリュートが乗ってくることで、それぞれの色が薄くなる形で発現します。

ダイリュートが発現するとこのような色になります。

日本では単に「ダイリュート」と呼ばれていますが、元々は

American Dilute

だったようです。

アメリカのブリーダーさんのサイト「THE FEATHER TREE」に詳しいホオミドリウロコインコの色変わりの定義がされていますので、そちらも参照ください。大変勉強になります!

このサイトによるとアメリカンダイリュートとは、

  • 暗い色の目
  • 暗い色のクチバシ
  • 暗い色の足
  • 黄色の胸部
  • 暗いオレンジから赤色の腹部
  • 銀から灰色の頭頂部
  • ライム色の背部

を有するとされています。

ノーマルのアメリカンダイリュートの子は色が希釈されて、ワキコガネと比べても明らかに色が薄いと感じますが、足の色を見ると逆にワキコガネよりも黒っぽく、ノーマルのホオミドリウロコインコが「Dilute」されていることが分かります。

ノーマルのダイリュートとパイナップルやシナモンとの違いは「THE FEATHER TREE」に比較する写真が掲載されていますので、そちらを参照ください。単体での写真は日本のサイトにもありますが、並んでいる写真は貴重です。また、ワキコガネのダイリュートの写真もありますが、驚きました。もう「ホオミドリ」要素が見当たらず、別種のインコのようです。

猫について使われるダイリュートキャリコって何?

ホオミドリウロコインコのダイリュートは分りましたが、猫について書かれる

ダイリュートキャリコ

って何なんでしょう?

ダイリュートはきっとホオミドリウロコインコと同じで色が薄くなった状態の子を指すものと思われます。

そうなると鍵は

キャリコ

ですね。

響きからするとお菓子っぽいんですが、猫にお菓子はどうかと。。。

調べるとキャリコも英単語で

Calico

となっていました。

意味は

  • 更紗(さらさ)
  • キャラコ
  • 白かなきん

と書かれていますが、さっぱり。。。これって常識??

Wikiでは

更紗(さらさ)は、インド起源の木綿地の文様染め製品、及び、その影響を受けてアジア、ヨーロッパなどで製作された類似の文様染め製品を指す染織工芸用語。英語のchintzに相当する。日本ではインド以外の地域で製作されたものを、産地によりジャワ更紗、ペルシャ更紗、和更紗などと称している。

出典:Wikipedia 更紗

と書かれていますが、ピンとは来ません。ただ、Batikと言われるとなんとなくあれなのかな、という布はあります。

それよりも、Calicoで画像を検索するとすぐに正解が表示されてきます。

三毛猫

Calicoには米語で「斑(ぶち)の」という意味があるので、

a calico cat

というと「三毛猫」を表します。

そこで猫に関してCalicoという言葉が使われた場合は、それは三毛(黒・茶・白)という色を指す単語として使われていて、ダイリュートキャリコと言われた場合は、薄い三毛模様を指しています。

a dilute calico cat

となると、三毛猫なんですが、ダイリュートの色が淡くなった三毛猫を指します。どんな子かと言うと、動画のような感じの子です。言われてみれば淡い色の三毛猫って確かに見たことある気がします。それがダイリュートキャリコだったんですね。

スッキリしました。

これで次にダイリュートを聞いても「あれね!」って直ぐに頭に浮かびそうです。

でも、ホオミドリウロコインコの色を表す時には、アメリカンダイリュートと呼ぶのが正式みたいですから、命名した方に敬意を表する意味でも、その点を頭の片隅に置いておきたいですね。

-用語

Copyright© INKOLOGY インコロジー , 2018 AllRights Reserved.